kinoppi226のブログ

旅行記や株主優待生活を中心に発信していきます

コジマと日本BS放送の株主優待が到着(2022年)

 コジマ(7513)と日本BS放送(9414)の株主優待が届きました。

 いずれもビックカメラ傘下のため、ビックカメラで使える優待券です。

 もっとも、日本BS放送は今回を最後に株主優待廃止を発表しています。

kinoppi226.hatenablog.com

 コジマは2年以上継続保有しているため、3,000円分のコジマ/ビックカメラで使える買物優待券が届きました。

 今年限りで廃止となる日本BS放送も長期保有していたため、2,000円分の商品券が届いています。

日本BS放送株主優待

 日本BS放送の商品券は、お釣りが出るしビックのポイントも付くのが利点ですね。

 ビックカメラやコジマの優待券だと、お釣りは出ないしポイントも付きません。

 重ね重ね日本BS放送株主優待が廃止となるのは惜しい。

 増配になったとは言っても、優待廃止から100円以上値下がりして上昇の兆しが見えません。個人投資家がいかに優待目当てで買っていたか分かりますね。そもそもそこまで将来性がある分野でもないので、優待がなければ保有する動機が薄れてしまいます。

 優待廃止の発表を知るのが遅れて売りそびれてしまったので絶賛塩漬け中です。商品券とは言わないまでも、コジマと同じような買物優待券にして優待復活しないかな。

 

 コジマの株価は11月25日の終値で605円。年間の配当利回りは2.31%で、株主優待は年に1度(8月)ではであるものの、2年以上長期保有すれば3,000円分の優待券がもらえます。業績はやや下降気味ですが、ここ数年は配当もしっかり出している印象。

 日本BS放送の株価は934円。年間配当利回りは2.78%となっています。業績は思わしくないようで、連続減益だそうです。

 株主優待を廃止した分、来年は配当をもっと出してくれるといいのですが。

 

 うちは小学生の息子のジュニアNISA口座でもコジマ、ビックカメラ、日本BS放送保有しており、息子も3,000円分の株主優待券を手にしていました。子供の口座でもらった優待券は子供が自由に使っていいルール。

 早速優待券を握りしてめて近所のビックカメラに行き、プラモデルを購入。

 値下がりのリスクはもちろんありますが、現金で持っているより株式で保有していた方が長い目で見るとお得になるというのがわかってもらえればいいなと思います。

 国も早期の金融教育に力を入れていく方針だそうですが、実際に自分で株式を保有していれば興味の持ち方やものの見方も変わってくるでしょうしね。